FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-12-24 (Sat)
クリスマスイベントに行ってきました!
イブの日にイベント行くとか人生初!

しかもAV男優さんのイベントに行ってるあたり、自分でもびっくりw
去年の私に教えてあげたらさぞかしびっくりするでしょう。

だって一徹さんの存在知ったのは今年の6月ぐらいなので・・・
まだ半年しか経ってないんだもの。

なのにこの溢れるパッション!
それはひとえにエロ友さんのおかげです。
みんなありがとう。
一人じゃとっても参加できませんでした。

仮に一人で参加したとしても・・・萌えを分かち合える相手がいないとやはり寂しいです。
幸せは人と分け合うと何倍にもなるって本当だなあ、としみじみ思いました。

さて、自分の覚書用にイベント内容を書いておきます。
状況説明は面倒なので、ほぼ会話のみで。

★サイン編

わたし「よろしくお願います」
一徹「よろしくお願いします」
わたし「お友達用と二人分サイン欲しいんですけど」
一徹「(サイン用の写真を見て)これ自分で印刷したの!?」
わたし「(このやりとり、前にもしたな~・・・と思いつつ)
自分で印刷したんじゃなくて・・・データを写真屋さんに送って・・・それで・・・」

一徹「・・・」
わたし「それで・・・写真屋さんが・・・・・・・・印刷・・・してくれたんです」
一徹「(私の説明が長いので、ガクッとこけるフリ)」
わたし「(笑)」
一徹「あ、でもよかった~」
わたし「? 」

一徹「今までの人は無視してたから」

多分こけたフリしてもスルーされたって事かな?
正直ここんとこあんまりよくわかんなかったW

一徹「(ペン)何色にする?」
わたし「黒で」
わたし「ooちゃんへで、お願いします。今日参加したかったんですけど、先約があって来れなくて・・・」
一徹「そうだよねぇ~」

わたし「でも次のイベントには絶対来たいって言ってました」
一徹「(ooちゃんへ、と宛名とサインを書いてくれる)どんな子?」
わたし「私も会った事無いんですけど(笑)でもツイッターで仲良くしてもらってて・・」
一徹「あ、じゃあ(「今度会えるのスッゴク楽しみにしてます」と書いてれる)」

わたし「(私のサイン貰う番になって) さきです」
一徹「(宛名とサイン書いてくれる) 何て書く?」
わたし「・・・・大好き、って書いて下さい」
一徹「・・・。」
わたし(大好きなのは私の方なのに、一徹さんに書いてもらうの変だよな・・と言った事を後悔し始める)

一徹「・・・恥ずかしいの?」
わたし(頷く)
一徹「(笑)その顔がいい!」
わたし (///▽///)

で、「大好きデス」とメッセ貰いました。

クリスマスイベント

この間に写真を1~2枚撮影。
カメラを向けたら一徹さんがレンズに超迫ってきたので鼻アップ写真ゲット~W


気を取り直して一徹さんに質問。

わたし「普段移動する時バイク乗ってるですか?」
一徹「よく知ってるね!」
わたし「どんなバイクですか?大きさとか・・・大型?」
一徹「中型~。250CCくらいの、ピザ屋の宅配みたいなバイク」
わたし「ピザ屋の宅配みたいなバイク?」
一徹「屋根があって・・後ろに荷物がつめるやつ。
シミケンさんも乗ってるんだよね。シミケンさんが乗ってるの真似して同じのにした。」
わたし「え~、そうなんですか~」

一徹「え、なんで?」←出た!何故徹。
わたし「や、そういうバイクイメージしてなかったので」
一徹「(ああそう、という感じ)」
わたし「じゃあ近場はバイクで移動してるんですか?」
 
ここで、一徹さんがまさに答えようとしたその瞬間、S郷さんのテンカウントが~・・・・!
もっと続きを聞きたかった。

で、写真全然撮ってない、と気づき慌ててカメラを向けました。
OOちゃん宛てのサインを持ったポーズと私宛てのサインを持ったポーズで、それぞれ一枚ずつパチリ。
もうテンカウントは終わってたんだけど「いいよ、いいよ」と言って撮らせてくれました。
優しいね。

ありがとうございましたー、で、握手。
座席に帰ろうとした時、「あ、ごみが・・・」と言って
髪の毛についたごみをとってくれました。

思うのですが、やっぱりあれはファンサービスの一環だと思います。

そして。とっくに3分過ぎてたから申し訳ないな~と思いつつ席に戻りました。
そして気づいた・・!
プレゼントも渡し忘れてるし、クリスマスカードも貰い忘れた事に!

で、S郷さんに言ったら
「まじですか~。じゃ、後で貰いましょう。
みなさ~ん、クリスマスカード忘れずに貰って下さいね~」と会場に呼び掛けておられました。
ほんと、すんません。

で、途中で再度、席に座りクリスマスカードを貰う私。

わたし「プレゼント渡すの忘れちゃって」
一徹「いつもすみません」
わたし「いえ、たいしたものじゃないので・・・」

わたし「えーと。さきです」
一徹「色は何にする?」
わたし「・・・・・・・・赤で!」

ほんとは全部黒で良かったんだけど、せっかく聞いてくれたから赤でw


さきさんへ、と書いてもらってカードゲット。
余分な時間をまたしてもとらせちゃったので
「申し訳ありません・・・!」と告げたら一徹さんはちょっと驚いたような顔をして
「いいよ、いいよ」と言ってくれました。

でもほんと、ぼやぼやしててすんません。


★囁き&2ショット編

わたし「みんな何て囁いてもらってるんですか?」
一徹「みんなストレート!」
わたし「じゃあ・・・おまかせで!」
一徹「それも多い~(笑)」
わたし「何を言われるか分からない方がドキドキするので・・・」
一徹「じゃあちょっとかがんでくれる?」
で、かがむ私。
一徹「こっち来て」とクリスマスツリーの後ろに連行されました。

囁き内容は
「今日は来てくれてどうもありがとう・・・ずっと、大好きだよ」でした。
囁きに耐えきれず、私はどんどんかがみこんでました。

んで、2ショットタイム。
後ろハグをお願いしたところ、両肩に手を置いてくれました。
ジャケット脱いだ方が手をまわしやすかったのかな~と後から後悔。

写真を撮ろうとするまさにその時、一徹さんが腰を振りだして私のお尻に「ちょん・ちょん・ちょん」
と言いながら股間を当てました。

えっっ。

笑わせないで。

だめだ。笑いをこらきれない。

で、写真の私。顔がニヤニヤした変顔~~~。
一枚だけじゃあ失敗した時取り返しがつかんのよw
ま、楽しかったからいいのですが。


★お見送り編

一徹「今日はありがとうございました」と言って封筒をくれる。
わたし「年内はいつまでお仕事ですか?」
一徹「28日まで~」
わたし「どこか旅行に行ったりするんですか?」
一徹「ううん。家でのんびり・・・」
わたし「あ、そうなんですかー」
一徹「え、なんで?」←本日二回目の何故徹発動

わたし「や、聞いてみたかっただけです」←答えようが無くて困った
わたし「ハグしてもらってもいいですか?」←調子に乗ってみた

一徹さんは「ん~~~」といいながら軽めのハグをしてくれました。
手に封筒もっとるしね。すんません。

で、すかさずS郷さんが「そういうのはやめて下さいね~」。

ほんとにほんとにすんません。
今度からは確認してからハグお願いする事にします。

一人だけ抜け駆けして、他のみんなごめんなさい。

そんな感じでした。

最高に楽しかった。

ちょっと申し訳ない気持ちにもなりましたが。

これが噂の鼻アップw
鼻アップ

ワンクリックの応援お願いします。




女性向けAV ブログランキングへ

| イベント | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。