FC2ブログ
10≪ 2013/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-11-26 (Tue)
シルクラボのイベントに参加してきました。

2013年11月23日 昼の部
FC限定!SILK LABO present's EROMEN fanmeeting!withお好み焼き♡

OPEN 11:30 / START 12:00(16時終了予定)
出演:一徹、月野帯人、倉橋大賀
前売券のみ¥5,000 


初めてのファンミーティング。
しかもお好み焼きパーティという事でどんな感じになるのかちょっと想像がつかず、ドキドキしながら参加しました。

会場へ行ってみると、各エロメンに対しそれぞれ10人程のファンの席が用意されています。並び方はカフェの時と同じで、5~6人でひとグループ。

私は5月のカフェイベントに参加した時とまるっきり同じ席だったのでびっくり!
Σ(゚Д゚ノ)ノ

しかも一徹ファン11人しかいないのに、私以外に3人も同郷の人がいてさらにびっくりΣΣ(゚Д゚ノ)ノ嬉しい偶然でした。


若干押し気味の12時15分頃エロメン三人が登場~。

今回のイベントは撮影不可という事で残念ながら写真は撮れませんでした。

挨拶しながら、今日はどんなお好み焼きを作るかという話になり
大賀君は「道頓堀風。」←以前働いていたらしい。
牧野さん曰く「たいたいのモチモチ焼き」だそうですw
キムチとお餅も入れるらしいよ。

つっきーは「皆さんお好み焼きは好きじゃないと思いますが・・」
と挨拶し始めたので吹いてしまったw
つっきーはタコを入れた海鮮風にしたかったみたい。でもタコは用意されていないという事でとにかく海の幸を入れた「海の男風(牧野さん命名)」にするらしい。

一徹君は「うどんを入れた広島風」。
学生時代に八王子に住んでいて、うどんを好きなだけ入れられるお好み焼き屋さんがあったんだって。それで、2玉半入れてお腹いっぱいにしてたらしいです。加えて、お餅とチーズも欠かせないそう。

三人とも家でお好み焼きを作る事はないらしく、一徹君曰く「実家に住んでいた頃は作ってもらった事があるけど、基本的に自分は食べる専門」との事でした。


そして早速、お好み焼き作りスタート!

黒板の前のあたりに机が用意され、ホットプレート・生地・各種トッピング等が用意されています。

一徹君のお好み焼きは、生地→キャベツ→豚肉→おもち→チーズ→うどんと具を次々と重ねていきます。キャベツがてんこもりな上につなぎと混ざってない状態だから、ひっくり返すのがちょっと大変。

でも何枚も作るうちに段々手際が良くなった気がします。

BZukoz0CYAAEOcf.jpg
※写真撮影不可だったのでシルクさんがツイッターに載せてた画像を転載。

半分に切り分けたお好み焼きを紙皿に乗せる時、重みで紙皿がしなって具がこぼれ、紙皿を持っていたソフィーさんが「あぢぢぢぢぢぢぢ!!(`Д´。)ヾ」ってなったのが申し訳ないですがかなり面白かったですw

味は美味しかったよ~(・∀・)
一徹君が作ったお好み焼きを食べる機会なんて、もう二度とないかも!と思うと感慨深いものがありました。

そして

「お餅とチーズ入ってる!?」
「お餅ちとチーズどう?」

と何回も聞いてくる一徹君が可愛かったです(´∀`)

「子供が好きそうな味だと思う」って言ったら
「それって・・・ショボ━(´・ω・`)━ン 」
みたいにな反応されちゃいましたが。
褒めたつもりが逆効果・・。

ただ、お餅+粉+うどんの炭水化物トリオだったから
かなりお腹にたまるの・・・しかもチーズ。

量はそんなに食べてないのに、お腹いっぱいになりました。

BZusXsECAAAbWu8.jpg

今回のイベント、お好み焼きを作る一徹くんの近くに集まっていいよー!との事だったので、みんなで一徹君とお喋りしながら作る様子を眺められるのがとっても楽しい(´∀`)

カフェイベントだと一徹君は大忙しだから、ゆっくりお話しする時間はほとんどないもんね。

一徹君を囲んでワイワイ話しながら同じものを食べられる。しかも手作り!!ってすごい事だわ~、とこれを書いていて改めて思いました。

そうそう、お好み焼きを作っている最中、一徹君が「男性のネイルってどう思う?」とみんなに問いかける場面がありました。なんでもイジリー岡田さんは男性用のネイルサロンでツメのお手入れしているらしく、一徹君もトライしようかな?とお悩み中みたい。

そういや以前、ぴったんこカンカンでひろみ郷が安住アナを行きつけのネイルサロンに連れていってたな~・・・と思って、その話をしたら「郷ひろみさんはやってそう!」との反応w

そういえばAKNR監督もツイッターでネイルの画像アップしてたの思い出して、その話したら一徹君驚いてました。
だってAKNRさん、女性用のピンクのネイルを足にしてもらってたんだもんw

一徹君「AKNRさんはワキだけじゃなくて色んなフェチがあるから俺にもちょっと理解不能・・」的な感想を言ってました。


お好み焼き焼いてる途中のつっきーとのかけあいも面白かったなー。

つっきー「(お好み焼きを見ながら)一徹さんのは小さいから・・」
一徹「男の子に小さいって言っちゃダメなんだよ!w つっきーの大きいね。ムーミンより大きいんじゃない?」
つっきー「それ嫌味ですよ・・・w」
とかねw

私の席は後方グループの、さらに一番後ろのあたりだったんだけど一徹君は気を遣ってたまに後ろのグループにも遊びに来てくれました。

味の感想を聞いたり、飲み物お代わりしなくていいの?って聞いたり、お皿を片づけてくれたり・・とっても気遣いが細やかです。

なんだか頬のあたりがこけてるような気がしたので「ちょって痩せた?」と聞いてみました。そしたら
「痩せたんじゃなくて年取った。ジムさぼってるのに沢山食べるから脂肪がついちゃって・・」との事。
「でも顔がスッキリしてる気がする」と言ったら「今すごい言葉選んだでしょー?」なんて返されましたがほんと、痩せたように見えるんだけどなあ。

ちなみに一徹君はこの日、ラブエナで使ってたという腰下エプロンを着けてました。
「みんなはどういうエプロンつけてるの?」
「上まであるエプロンじゃないと濡れちゃうよねー」
などと一徹君が話してるのを聞きながら、なぜかボーーーっとエプロン見つめてた私。

そしたら


「大丈夫?
 今ずっと俺の股間見てたでしょ?」



Σ(-∀-;)

突っ込まれてしまいました。
そうだね・・ひ、否定・・できないね・・。

あと途中ね、私がトイレの為に席をたち、また自分の席に戻ろうとふと見たら私の座席に一徹君が座ってるΣヽ(゚∀゚;)
私が戻ると一徹君は立ち去っちゃったんだけど、グループのみんなから

「一徹君、さっきーさんのコートのワキの匂い嗅いでたよ~!」

と報告を受けましたw
その報告をしてくれるみんながすごいいい笑顔してたのが印象深いの。
衣類の匂いを嗅ぐ一徹君のマニアな姿見ちゃったよ!!的な嬉しさがその笑顔に表れてました!w


その後、ワンドリンクを賭けたチーム対抗のしりとりゲームをしたのですが、残念ながら負けちゃった。たかがしりとりといえど、団体戦になると責任あるからドキドキしちゃうw

そして、本日のメインイベント。
一徹君がファンの横に来てメッセージを書いてくれる時間になりました。

私は11人中10番だったので、自分の番が来るまでちょっと時間があります。
なので、これ幸いにと一徹君をガン見する事にしましたw

こんなに近くで凝視出来る機会ないわ~と思って、とにかく見つめ続けました。
なかなかイベント参加出来ないし、見ておかないと勿体無い気がして。
一徹君は横にいるファンに対応していてこちらは見てないから、好きなだけ視姦←出来るという絶好の機会でしたw
いや~満腹満腹。


そしていよいよ私の番。
一徹君が右隣にちょこんと座って、カードを書いてくれます。

「お久しぶり・・だよね。カフェ以来かな?」
「ううん~(・∀・)ニヤニヤ 」
「あ、エムズ以来かな?」
「そうw」

そしてさっきーさんへ・・とメッセージを書き始めます。

一徹「字が汚くてごめんね・・。でもさっきーさんはすごい綺麗な字で手紙書いてくれるんだよね。なんか、後ろに罫線でもあるのかな?っていうらい丁寧に・・」
私「うん、時間はかけてるかもw」
一徹「そうだよね~」

で、その時書いてたメッセージの内容が「若林君の本ありがとうございます。遅くなりましたが読みました」だったので、「永遠の0、読んだって言ってたよね・・?」と聞いてみました。

一徹「うん、読んだよ!」
私「ありがとうございます。」←前にプレゼントした。
一徹「あっ そっか~。あれ、すごい読みやすかった。」

私「百田さんの本、他にも読んだって言ってたけど何読んだの?」
一徹「モンスターでしょ。あと海賊と呼ばれた男。あと、なんだっけな名前忘れちゃったけどもうひとつ読んだよ。」

私「今、百田さんの本沢山並んでるよね」
一徹「誰とは言わないけど、60年代の難しい言葉で書かれてる本は読みにくくて・・」
私「(-∀-;)えっ。誰の事?」

一徹「だって、女性の事を好きだって説明するだけなのに、~~~みたいな表現するんだよ~!」
私「誰の事・・?でも、一徹君、村上春〇さんとか好きだよね・・?」
一徹「今言ったのがまさに村上春Oさんなんだけど。いつも俺、読み飛ばしちゃうw」

私「あー、私もちょっと苦手。でも、売れてるんだよねぇ・・。」
一徹「売れてるよねぇ。」

そして「いってちゅ。」のメイキング映像の事も聞いてみたw

私「写真集の撮影で、卓球のユニフォーム着てたでしょ?w」
一徹「うん。えっ そんなの見れるんだ?」
私「うん、見たよー。コスプレみたいになってたよね。」
一徹「一徹さん、これ着て下さいって言われて・・」

私「私も卓球部だったの」
一徹「そうなんだ!」
私「でも一徹君、卓球部だった事言いたくないんでしょ。ヒドイ!と思ってw」
一徹「卓球部だった人に会うと、異国の地で日本人に会った時みたいな嬉しさ感じるんだよね。気持ち、分かるでしょ?」
私「う、うん・・・?w」

私「一徹君、ラケット何だったの?」
一徹「俺ねー、スレイバーの・・・。いや!専門的になっちゃうからやめよっ」と言って立ち上がり、メッセージタイム終了~w

今度イベントで撮影タイムがあったら、卓球の素振りしてもらおっかな。


そしてイベントの最後はエロメン三人のしめコメ。
一徹君が「俺のお好み焼きが一番美味しかった」と言ったら、つっきーに(-_- )こんな顔されてたw
一徹君が「つっきー、その目!」って突っ込んでたけどw

「いや、みんな美味しいよ?ただ、あとはその人の好み次第って事だよ」と説明したらつっきーも納得してました。


帰りは三人が出口でお見送りしてくれます。
今回のお見送りは握手とお話が出来るんですが、自分の希望したエロメン限定なので、つっきーや大賀君とはお話出来ません。

私の前に並んでたかわいこちゃんと一徹君の会話がちらっと聞こえてきて一徹君が「好きです♡」とか言ってるぞ。ふむ、かわいこちゃんには愛の言葉を囁くのね・・とメモメモφ(・ω・ )www

そして私の番。

私「ありがとうございました。」
一徹「なんでそんなによそよそしいのw」
私「えっ。いや・・緊張してるから。」
一徹「もう何回も会ってるでしょw」

私「そうなんだけど・・緊張しちゃうんです。」
一徹「確かに、カフェの時のさっきーさんの顔忘れられない。」
私「Σ(-∀-;)ど、どんな顔・・・」
一徹「こわばってた。」
私「ΣΣ(-∀-;)」

一徹「でも、そのままでいて下さい。そういうところが好きです♡」

はい、告白キターーーーーーー。

こんなおばはんにも愛の言葉を囁いてくれるのね・・・とメモメモφ(・ω・ )www
さらっと「好きです」とか挟んでくるあたりがさすがプロ・・・!
乙女のハートをがっちりつかむ術を心得ているね!おそれいります。

そして、いつもならここで「じゃあ!」と自分から帰っちゃうところなんだけど今回はちょっと踏ん張ってみた。
何話そうかな・・・と思って、握手したままとりあえず一徹君の目をじっと見るw

一徹「なんで固まってるの?w」
私「こないだ、なんでKITTE行ったの?」
一徹「え?」
私「ツイッターで、KITTEの画像アップしてたよね?」
一徹「ああいうところ好きで遊びに行ったの。」

私「仕事で行ったんじゃなくて、観光で行ったんだ?」
一徹「そう!」
私「あそこ、お土産とか色々あるでしょ。何かいいのあった?」

一徹「ドライフードとお味噌汁買ってきたよ!」←確認したら、地下一階にフリーズドライの専門店があるんだね。
私「美味しかった?」
一徹「ドライフードはまだ食べてないけど、お味噌汁美味しいよ!」
私「KITTEで食べてきたんじゃなくてお土産なんだ?」
一徹「そう、あそこでは何も食べてこなかったから、お土産で。お味噌汁美味しかったよ。」

私「え~、じゃあ今度旦那が行ったらお土産に買ってきてもらおうかな~」
一徹「旦那さん、金融関係の人?」
私「ううんOOメーカーで働いてるんだけど、良く出張で丸の内に行くの」
一徹「えー、すごいね~」

と、ここでスタッフさんから「そろそろお時間が・・」と言われたのでお別れしました。

イベントに行くといつも、何話していいか分からなくなっちゃってまごまごするんだけど今回は時間を長くとってもらえたお陰で、沢山話せた気がします。

とっても濃くて、楽しい時間を過ごせました(´∀`)
同じテーブルの人と仲よく出来たのも嬉しかったナ~~♡

ファンミーティングまた行きたい・・・!






よかったらワンクリックお願いします。




女性向けAV ブログランキングへ
| イベント | COM(0) | | TB(0) | |
2013-11-13 (Wed)

"神の手"上田実絵子の美魔女マッサージ 埋もれた輪郭を呼び覚ませ! わずか3分間で劇的小顔! (光文社DVDブック)



前から欲しいと思っていたこの本、この度やっと手に入れました。

ずいぶん前に日テレ系の「PON」で上田さんの小顔マッサージを見たんです。
それですぐさま検索したらこの本がヒットして、欲しい欲しいと思いつつ怠ける事はや一年くらいw

で、この度ようやく手に入れたので実践する事にしました。
もうじき一徹君のイベントにも行く事だし。
何かやったところでたいして変わらないのだろうけど、まあ気持ちが大切ですよねw

こういうマッサージって、よく女性誌なんかにも載ってるけど本だと
ちょっとわかりにくいですよね。でもこれはDVD付き。
映像でひとつひとつのマッサージについて説明してくれるので、かなり分りやすかったです。

ただ、私は視力が悪くて普段メガネかけてるんです。
メガネかけながらだと目元周りのマッサージができないという・・・。
当たり前だけどw
でもメガネはずしちゃうと映像が見えないw
なんとなくこんな感じかな?とやや適当にやりました。


内容はこんな感じ。

・マッサージの前にリンパを開く
・二重あご
・法令線
・おでこと目元のシワ
・フェイスライン
・まぶたのたるみ
・ぷっくり唇
・美ネックライン
・頭蓋骨のズレ
・頭皮ケア
・1分で全顔変わる!超特急マッサージ

ひとつのパートが3分位なので、結構簡単。
毎日やればすぐ覚えられそうだから、その都度DVDをつける必要はないかな。

DVD見ながら首をマッサージしてみたら結構痛いの!
痛いのは効いてる証拠らしいから、首とか鎖骨にはある程度力を入れてマッサージを
してみたんですが、顔はちょっとこわいよね・・。
あんまり力入れ過ぎてもよくないだろうし。

とりあえず、アゴ、法令線、目元のシワが気になるのでほんの少しでも
改善できるように頑張ります。
三日坊主だから、すぐ飽きちゃうかもしれないけどw


それと先日、直木賞を受賞した桜木紫乃さんの「ホテルローヤル」を読みました。

田舎のうらびれたモーテルで起こる、非日常の出来事が7つの短編で描かれています。

読み進めるにしたがって時系列がさかのぼっていく仕組みで、
第一話では廃墟になっていたホテルが第七話ではこれからホテルを開業する、
という話になっています。

どの話も生活に疲れ切った人たちが登場して、
とにかく全体的に暗くて悲しい。わびしい。
すっきりするどころかもやもやする。
面白いんだけど・・・なんか、悲しいお話しばかりでした。

今、あまり精神的に余裕の無い私にとって、
残念ながらあまり楽しめない内容でした。
もっと元気いっぱいの時に読めば読後感が違うのかなあ。

著者の桜木紫乃さん、ゴールデンボンバーのファンだという事で
直木賞受賞の記者会見でTシャツ着てましたよね。

あれ、すごい印象的でした。

それに実家がホテルローヤルというラブホテルを
経営していた話もかなり興味深かったですw
桜木さんの他の著作も読んでみたいな、と思います。

ホテルローヤル







ワンクリックお願いします。




女性向けAV ブログランキングへ
| 本の感想 | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。